講師紹介

ペベオ絵画修復エデュケーション・センターでは、絵画修復に必要な絵画技法・修復理論、写真撮影技術、化学、英語(実践英語、論文読解・作成)を専門の講師から学ぶことができます。

加賀優記子

1984 パリ国立美術大学デッサン科に学ぶ。
ドミニク・ラルフェール修復工房にて修復技術を習得。
1986~1992

ルーブル美術館専属の修復家クシェジェンスキー氏に師事し、ルーブル美術館絵画修復員として勤務。

ドラクロワ作「サルダナパールの死」(ルーブル美術館)
プリュードン作 「キリスト磔刑」(ルーブル美術館)
ルーブル宮殿天井画 ブロンデル作「コングルの間」等
- フランス国立美術館連合(文化省管轄)に所属中の仕事として –
ブルボン宮殿アフリカの間油彩画修復
リモージュ国立博物館天井画
ミッシェル・デュマ作 「布教するサン・ドニ」(ノートルダム・ド・クリニャンクール寺院)

帰国、「鎌倉美術修復工房」設立(2014年 鎌倉絵画修復工房に名称変更)

1992 主にウィルデンシュタイン財団(東京)所蔵品を修復
1998 小山敬三賞修復部門賞受賞
1999 野村国際文化財団海外研修助成を授与される。
2000 ニューヨーク大学電子顕微鏡コース修了
2001 ベルリン国立博物館ラトゲン研究所・ドイツ政府産業科学研究所(BAN)にて「天然・合成樹脂の分析研究」をテーマに研修

IIC[The international Institute for Conservation of Historic and Artistic Works](国際文化財科学保存会議学会)会員、文化財保存修復学会会員

●最近修復した作品(2007~2010)

ピカソ(100号大作)、クールベ、ギュスターヴ・モロー、エドゥアルド・ムンク、ルノワール、シャガール、アンディー・ウォーホル、藤島武二 etc.

日本画講師(非常勤) 古賀文子

絵画修復工房グループK代表
女子美術大学日本画科非常勤講師

1974 東京芸術大学美術学部日本画科卒業
1976 同大学大学院保存修復技術研究室終了1982絵画修復工房グループK設立

化学講師

1959 東京大学教養学部入学
1960 東京大学薬学部進学
1963 同大学同学部卒業
1965 同大学大学院化学系製薬化学専門課程修士課程卒業
1965 東レ株式会社入社。基礎研究室勤務。
1985 住友電工、東レ、住友ベークライト、通産省、郵政省の管轄の下にある
(財)基盤技術研究促進センター・㈱バイオマテリアル研究所所長

英語講師 チャールズ・ルイス

アメリカ カリフォルニア州出身

1987 神奈川県内で英会話スクールを設立・運営
1997 現在の「パーフェクト・イングリッシュ」英会話スクールを設立・運営
2010 フリーランスライターとしてJapantimesや英字雑誌Eye-Aiなどに記事を執筆中

写真講師 竹下耕史

1982 渡仏
写真家 田原桂一氏に師事
1995 イズム95東京国際写真ビエンナーレ展(東京都写真美術館) 佳作賞
フォト ギャラリー インターナショナルで個展
東京都写真美術館
フランス国立図書館
パリ市立写真美術館
などに作品収蔵
日本写真家辞典
ウイキペディアに記載

今村 友宣

1997 明治大学理工学部応用化学科 卒業
2002~2003 フィレンツェで14~17世紀の絵画技法を研究
油彩画を高橋亮馬氏に、黄金背景テンペラ画を石原靖夫氏に学ぶ

アレクサンダー

1996 ミシガン大学仏教学科 修士号
2003 プリンストン大学東洋学部 博士号
現在 明治学院大学国際学部准教授
グローバル史(社会史、国際交流史、文化史)

センター紹介/見学会

IACC

pebeo

pebeo

修復に関するお問合せ

研修生ブログ

アートスクール

ページトップへ